注文住宅でのハウスメーカーのアフターメンテナンスはどうなっているのか

一般的に注文住宅のアフターメンテナンスについては引渡し後3ヶ月間は工事担当者が当たりますが、それ以後はアフターメンテナンスを専門に扱う部署の担当になります。しかしバトンタッチに際して、個別の施主ごとに細かい引継ぎなどは行われることはありません。工事担当者は単に住宅の図面を新しい担当者に渡すだけなのです。しかし問題なのは渡たされる書面が一番最初に作成されたものである点です。一般的に家づくりの現場では工事の途中でしばしば変更が起こることは珍しくありません。したがって本来ならばそうした変更後の図面が渡されるべきだと考えられます。しかしそうした図面を作っているハウスメーカーは多くはなく、渡そうにも渡せないのです。前項で住宅引渡しの書類には竣工図一式を請求した方がいいと書いたのは、アフターメンテナンスについてハウスメーカーの事情にこういう杜撰な面があるからなのです。

アフターメンテナンスのためにも竣工図一式は貰っておくことが必要

営業成績を最優先にするハウスメーカーにとっては物件の引渡しが終わったら、それですべて仕事が終わったものとして、次の契約獲得にまい進するに違いありません。しかし施主はまったく違い、これからもずっとハウスメーカーの関わりは続くと考えているのです。それもそうでしょう。住宅は住んでみないと良し悪しが分かりませんから、もし不具合があれば、すぐハウスメーカーに手直しを頼まなければいけないのです。こんなときの改築などに役に立ってくれるのが竣工図なのです。したがってアフターメンテナンスのためには、この竣工図だけは貰っておかなければならないのです。